スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミッションオイルを考える

先日より我が愛車となったHA23V
末永く付き合えるように、ひと通りメンテしました。

その時、ミッションオイルを交換したのですが、試走するとギアの入りが悪い!
オイルが悪い?
それともミッションとの相性?

やはり高価なオイルを選択すべきなのか・・・

色々と考えた結果、ATFを入れてみることにしました。
といっても我がHA23Vはもちろんマニュアルミッションですが^^;

ギアオイル(A.S.H. PSE GEAR 75W-90)の動粘度(m㎡/s)は、
40℃ 92.2
100℃ 16.3
ATF(A.S.H. VFS ATF)の動粘度(m㎡/s)は、
40℃ 46.5
100℃ 7.2

ATFはギアオイルの数値の約半分
添加剤や色んな要素が絡むので大丈夫だ!と断定は出来ませんが、良い結果が期待出来そうな予感はします。
何よりもあのゲトラグミッションもATF指定ですしね。

と自分に言い聞かせ、ATFを注入

2016011401.jpg

現在、注入から5日が経過しました。
朝一の冷間時からギアの入りはすこぶる良好、完全暖気後の通常走行時も現在のところ問題はありません。
ハードな走行はしていないのでこれ以上のインプレは出来ませんが、しばらく様子を見てみたいと思います。

夏場やサーキット走行は耐えれるのだろうか?(汗
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。